Item

遷宮をめぐる歴史―全62回の伊勢神宮式年遷宮を語る

茂木貞純 ・前田孝和/著
四六判・170頁

詳細はこちら↓をご覧ください。
http://wp.me/P56N4e-bq

◆“日本人の心のふるさと”―伊勢の神宮。
宇治橋を渡り、杉の巨木に囲まれた参道を進むと、悠久の時が感じられます。神域の清々しさ、そしてご神殿の神々しさは言うまでもありません。
しかし、この地に積み重なった「歴史」は、書かれたものを読むしか知ることができません。

20年毎に行われる神宮の式年遷宮は、第62回を数え、中世の戦乱期を除き1300年にもわたり営々と継続・実施されてきました。幾度の戦乱や政変にも関わらず、かくも長きに渡って続いてきた秘密は一体どこにあるのでしょうか。

本書は、日本人の神と人との関係、神宮のご鎮座から式年遷宮制の始まり、そして各回の式年遷宮にあたって、どんな時代背景のもと、どのように行われてきたのか。臨時・仮殿のご遷宮も含め、その全てを簡潔にまとめた唯一の本です。
¥ 1,296

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料108円が掛かります。

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。